暮らしの部屋 考えごと 雑記

見上げた空に伸びてく 飛行機雲のように

青空と飛行機雲OLYMPUS PEN-F Digital × Super Takumar 55mm F1.8

 

 

 

飛行機雲が好きだ。

 

ぐんぐんとまっすぐ空に伸びていく飛行機雲に遭遇して、何かいい事がありそうな気がした。

消えてしまうまで、いつまでも、いつまでも眺めていたいほど綺麗な青空だった。

空を見上げながら、ふとアンネ・フランクの言葉を思い出した。

 

太陽の光と雲ひとつない
青空があって
それを眺めていられる限り、
どうして悲しくなれるというの?

 

アンネ・フランク

 

あれは5年ほど前だっただろうか。

 

どうしても働きたい!と思う仕事があって、念願が叶って面接を受けることができた。

うだるような暑さのせいなのか、帰り道のアスファルトの照り返しは一層強いものに感じた。

ジリジリ・・・という音が、今にも足元から聞こえてきそうだった。

堅苦しいスーツのジャケットを脱ぎたい衝動に駆られたが、家まで我慢することにした。

 

地下鉄からバスに乗り換え、最寄りのバス停で降りた時、目の前にとても綺麗な飛行機雲が見えた。

青い空に伸びる、白い飛行機雲が「大丈夫だよ」と背中を押してくれているような気がした。

もう、面接の結果なんてどうでも良くなっていた。吹く風が心地よく、心はとても晴れやかだった。

そんな瞬間を何処かに留めておきたくて、空に向かって携帯のカメラのシャッターを切った。

 

あの日の青空と飛行機雲

 

おかげさまで良いご縁があって、その仕事には4年ほど携わることとなった。

日々プレッシャーとのせめぎ合いでもあったけど、とてもやりがいのある仕事だったし楽しかった。

 

あの日見た飛行機雲は私に幸運をもたらしてくれたのだろう、きっと。

そんなことを今でも思っているので、飛行機雲を見るととても幸せな気持ちになる。

 

 

 

*    *    *

 

 

 

数日前、久しぶりに某・コミュニティを覗いてみたら、大好きなNさまのブログが久しぶりに更新されていてとても嬉しかった。

粛々と綴られた文章からは好きなもの(カメラやバイク)についての熱量が伝わってきた。そしてそこには温かく優しい時間が流れていた。

 

やっぱり自分の「好き」を語るっていうのはいいものだなぁ、と思いながら記事を拝読しコメントを残した。

今自分と交流を交わしてくださってる方々は皆それぞれの「好き」を発信していて、そんな文章を読むと楽しいし心が温かくなる。

 

先日は放置気味のTwitterを覗いたら、Sさまのツイートがストレートに心に響いた。
(前後の脈絡は省略して一部引用させていただきます)

 

好きなことを好きと書くブログとかって書いてて楽だよなぁとおもったりします
興味のないものに嫌味を言うために記事を書くって
普通の精神では心が病んでいってしまいそう
やっぱ、発信は好きをメインにした方が絶対良いよ

 

Tweet by  Sさま

 

ツイートに込められた直球な想いとSさまの優しさに心をぐっと掴まれ、深く共感した。

リプライしようか迷ってるうちにできなかったのでひっそりと書き留めておこう・・・。

Sさま、素敵な言葉をありがとうございます。

 

「表現の自由」や「言論の自由」というものもあるけれど、その「自由」というものが人の尊厳や人格、価値観を否定するものであってほしくはないと個人的には思うのです。

放たれた言葉が纏う「負のエネルギー」はその言葉に触れた人の心も、そして言葉を放った人自身の心をもじわじわと蝕んでいくものだから。

「言葉」は「癒し」にも「凶器」にもなる。人を傷つけるものではなく、人を優しく温めるものであってほしい。

 

 

あなたのまわりにいまだ残されているすべての美しいもののことを考え、
楽しい気持ちでいましょう。

 

アンネ・フランク

 

 

なんだか今日は引用が多くなってしまったけれど・・・

自分の「好き」を書き綴ることは、とても楽しいこと。

だから私はこれからもずっと、自分の「好き」をこの場に残していきたい。

「つまらないブログ」だと遠い昔にも最近も言われたことがあるけれど、それはそれで構わない。

だからこの記事を読んでくださった、そこのあなたも

自分の「好き」を臆することなく発信していきましょうね。

楽しいことが、楽しむことがいちばんだから。

 

真意が伝わるかは分からないけれど、どこかで誰かの心に、少しでも何かが届いてくれたらいいな。

空に向かってまっすぐ伸びる、飛行機雲のように。
 

 

この記事をシェアする

おがわ

写真・カメラ・音楽・ものづくりなどが好きです。ブログもSNSもマイペースに活動しています。

こちらの記事もいかがですか?

error: Content is protected !!