FUJIFILM X30を使い始めてから3カ月ほど経ちました


【紫陽花のドライフラワー】

 

こんばんは、おがわです。
昨年の12月に、このような記事を書いておりました。




FUJIFILM X100Fを家族に譲り、FUJIFILM X30が手元にやってきてから、早いもので3か月ほど経ちました。サブカメラとしての立ち位置で入手したコンパクトデジタルカメラ、気軽に持ち出せるという点ではとても重宝しています。個人的には良いカメラとの出逢いだと思っています。

とは言えども、最近は何かと世間を騒がせている一件のこともあり、極力外出を控えて家に引きこもっていることが多いのですが・・・そろそろ北国の長い冬も終わりに近づいてきているので、また色々と写真を撮り始めたいと思っています。

私がFUJIFILM X30の購入を考えていた頃、ご縁があってブログやSNSなどで交流をさせて頂いているNさまが、偶然にも先代機種のFUJIFILM X20を手にされていらっしゃいました。

その節はTwitterであれこれとお話をお伺いしましたが、「呪文を唱えていたら生えてくる筈です」という素敵なお言葉に背中を押されたような気がしています。本当にありがとうございました。

【寛ぎの時間、ゲーム中の相方・M氏の手】

FUJIFILM X30ってどんなカメラなの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、備忘録も兼ねてさっくりとスペックのご紹介をさせて頂きます。

 

撮影素子(センサー)2/3型X-Trans CMOS II、原色フィルター採用
有効画素数1200万画素
寸法・重さ(幅)118.7mm×(高さ)71.6mm×(奥行き)60.3mm
約 383g(付属バッテリー、メモリーカード含まず)
約 423g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
焦点距離f=7.1mm~28.4mm(35mm判換算:28mm~112mm相当)
超解像2倍ズーム(光学4倍ズームと併用時、最大約8倍)
開放F値F2.0(広角)~F2.8(望遠)
撮影可能範囲【標準】広角:約 50cm~∞ 望遠:約 80cm~∞
【マクロ】広角:約 10cm~3.0m 望遠:約 50cm~3.0m
【スーパーマクロ】広角端:約 1cm~1.0m
撮影感度(ISO)AUTO1~AUTO3 (ISO3200まで設定可)
ISO 100/200/250/320/400/500/640/800/1000/1250/1600/2000/2500/3200/4000/5000/6400/12800 (標準出力感度)
シャッタースピード1/4秒~1/4000秒(AUTO時)、30秒~1/4000秒(全モード合わせて)
※開放絞り:1/1000、小絞り:1/4000の制限あり
手ブレ補正あり:光学式(レンズシフト方式)
ファインダーEVF(電子ビューファインダー): 0.39型 有機EL ・約236万ドット・視野率: 約100%)
ファインダー倍率: 0.65倍 (35mm判換算50mm、無限遠、視度-1.0m -1のとき)アイセンサー付き
液晶モニター3.0型 3:2 アスペクト チルト式TFT カラー液晶モニター
約92万ドット(視野率約100%)
フラッシュ手動ポップアップ式
CMOS調光オートフラッシュ(スーパーiフラッシュ)
撮影可能範囲(感度ISO AUTO(800)時)
広角:約 30cm~7.0m
望遠:約 50cm~5.0m
標準撮影枚数約470枚(LCD表示ON AUTOモード時)

 

FUJIFILM X30は2/3型センサー・有効画素数1200万画素という仕様なので、最新の高級コンデジに比べると控えめなスペックかもしれませんが、自分にとってはそれを感じさせないくらいの魅力があります。

明るめのレンズであること、35mm換算で28mm~112mm相当の焦点距離をカバーできること、マクロモード・スーパーマクロモードで寄れることも嬉しいです。

チルト式の液晶には特に拘りはないけれど、やはりあればとても便利だと感じます。手ブレ補正機能も搭載しているのもありがたいです。

フィルムシミュレーションやアートフィルターなどの撮影モードも充実しています。そして何よりも持ち歩きたいと思わせてくれる、これって結構大事なんじゃないかと思うのです。どんなカメラも持ち歩かないことには写真が撮れないですから。

明るい屋外での絞り開放撮りはSSの制限もあったりで苦手なカメラかと思いますが、特にあまり気にはしていません。

 


【一面に広がる雪原・・・ではなく、冬の湖】


【Velviaで撮る夕暮れ時の空】

 

こちらの記事にもFUJIFILM X30で撮影した写真を少し載せています。

FUJIFILM X30を使い始めて3カ月ほど、自分の撮る写真に大きな変化があったのかと言えばそうではないような気がしています。自分の撮る写真はどこまでも自分の写真なんですよね。

日々進化を求めることも大切。でも、変わらないものもそこにはある。

今までの人生で培ってきた視点や感性といったものは、自分の生きてきた証だから大切にしていきたいな、なんていうのが今の自分の想いです。

FUJIFILM X30、たくさんの日常を切り取っていきたいと思える素敵なカメラです。故障しないように大切に使っていこうと思います。

 

おがわ
おがわ
やっぱりフィルムシミュレーションのクラシッククロームは良いです♡

 

7+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください