北海道のパワースポット(道東編)「神の子池」と「来運神社」

おでかけ





 

おはようございます、おがわです。我が家は昨日やっと扇風機を出しました。
今年は過ごしやすい日が続いていたので、特に必要に駆られることがないまま過ごしていましたが、ようやく夏の足音が聞こえてきたような気がします。ちなみにエアコンはありません。

 

私自身は最近いろいろと忙しかったりで、ネットの世界からもちょっと離れていて、全然ブログ巡りもできていないしSNS関係も低浮上気味です。なんかお疲れ気味?というか何と言うか・・・。

無性に自然に癒されたい時ってありますよね?自然に触れたくなる時ってありますよね?
ちょっと行ってみたいよね、と思っていたところへ行ってみよう!という流れになりました。

 

そんな訳で、早起きして遠くまで足を伸ばして大自然のパワーを頂いてきました。
皆さんにほんの少しでも癒しをお裾分け出来ればいいな、との想いで写真も少し撮ってきたので、ゆるくご紹介していこうと思います。お供のカメラはFUJIFILM X100F。いろいろなフィルムシミュレーションで撮影してみました。RAW現像は面倒くさいので、JPEG撮って出しです。

 

美しい神秘の青「神の子池」





 

「神の子池」は北海道・道東の斜里郡清里町にある池です。綺麗なコバルトブルーに輝く神秘的な池は絶景と言われ、近年では観光スポットとしても有名になってきているようです。

 

 

幹線道路(道道1115号摩周湖斜里線)沿いに看板があるので、比較的場所は分かりやすいのではないかと思います。林道を約2kmほど走った森の奥にあります。林道は砂利道が続くのでバイクに乗られる方は走りづらいかもしれません。事故なども多いので注意して進んでいきましょう。

 

 

こういう立て看板をマジマジと読んでしまうタイプの人間です。そして写真にも撮る。
「熊出没注意!」の看板もありました。ヒグマが出没することもあるようですので、見に行くのは朝方や夕方などは避けて、人が多く居る日中が良いと思います。

 

「神の子池」の周囲は220m程なので、もしかしたら想像よりも小さいと感じるかもしれません。池の周囲には木道の散策道が整備されているので、とても歩きやすいです。

 

 

木道の下に、伏流水の流れ出る小さな川もありました。とても清らかで綺麗でした。
少し歩いていくと、目の前には綺麗なコバルトブルーの池が。立て看板、見たような気がしたのですが撮り忘れたました・・・。その辺りが、THE・おがわクォリティです。ここ重要ですよ。

 

 

透明度が高くて透き通るような青。池の中には倒木が腐食せずそのままの状態で横たわっています。太陽光が池の水面に反射してキラキラと輝いて見え、どこか神秘的な雰囲気が漂っていました。このようなコバルトブルーに見えるのはどうやら池の一部分のようでした。ところどころに波紋が広がっていて、伏流水が湧き出ているのも見えました。

 

 

写真を撮っていたら、隣にいたはずの相方・M氏を見失うという謎のアクシデントに襲われました。そんな見失うような距離でもなかろうに。・・・まさかの神隠し?・・・やだ、怖い。

(後ほど発見しました。はしゃいで探検していたそうです。)

 

 

周囲の木々や青い空が映し出されていてとても綺麗でした。澄んだ空気で心地よかったです。
見所はこちらの池のみとなっているので、ゆっくり見ても20~30分ほどになると思います。

 

 

とにかく神秘的で、幻想的な空間でした。今度は秋口あたりにでも行ってみたいです。
でもちょっと、いや、結構遠いので、なかなか気軽には行けないのが悩みどころでもありますが。

道東方面に旅行に来られる際には是非立ち寄ってみてくださいね。

 

 

 

道東最強のパワースポット・幸運が訪れる?「来運神社」

 

「来運(らいうん)神社」は北海道の世界自然遺産として有名な知床のまち・斜里(しゃり)町にあります。今や道東最強のパワースポットとしてもすっかり有名になりました。「運が来て願い事が叶う」とも言われていて、素敵な幸運が舞い降りてきそうです。

 

こちらは日本百名山に選ばれている斜里岳の麓にある「いずみの森来運公園」という場所にあります。斜里町市街からは7kmほど離れた来運地区にあります。春には綺麗な桜の花が咲くので、地元住民の方々にはお花見スポットとしても知られており、憩いの場所になっているようです。

 

公園に入ると木でできた第一鳥居が佇んでいます。第一鳥居をくぐると段下に水汲み場の設備が。

 

 

斜里岳の伏流水が湧き出ている「来運の水」。1年中水温は6℃に保たれており冬場も凍ることはありません。こちらの「来運の水」は、あの大手ビールメーカーのキリンビールさんからも認められいるほどの名水です。地域住民の方々などが、ポリタンクなどを持参してよく訪れている光景を見かけます。味の方は、ほんのりと甘みを感じられ、とてもまろやかで美味しいです。身体の隅々まで染み渡るような感じで、パワーを頂いている感じがすることでしょう。

 

 

こちらの湧き水は斜里町の上水道にも使われているそうです。こちらの来運の水と自家製粉の斜里製キタワセソバのそば粉を使用した手打ち蕎麦のお店「そば処 らいうん」さんのお蕎麦は絶品との噂です。まだ口にしたことはないので、いつか食してみたいものです。

 

 

水汲み場の先に第二鳥居が佇んでおり、第二鳥居をくぐって運水橋を渡って、参道を約5分ほど上っていくと本拝殿が見えてきます。勾配が少しきつめかなと感じます。新緑の眩しい時期はとにかく清々しくてとても気持ちが良いです。森林浴をしながらのんびりと参拝をしてきました。

 

 

小さな本拝殿と絵馬掛所があります。無人のため社務所等はありませんのでご注意ください。
絵馬は斜里町市街地にある「道の駅しゃり」で取り扱いをしています。1枚900円になります。JR知床斜里駅の周辺にあるので比較的分かりやすいと思います。

 

 

 

絵馬の他にも「来運グッズ」がありますので、購入してみるのも良いかもしれません。

 

 

こちらは以前購入した「来運の水キーホルダー」です。こちらは350円です。中には「来運の水」が入っているとのこと。ちなみに私が購入したもの・・・ではなく相方・M氏が購入したもの。地味に縁起を担ぐのが好きなタイプらしいです。あなたには必ず運が来る。

 

大自然の力に癒され、元気とパワーをチャージしてきました。これで暫くの間、頑張れそう。

 

 

タリーズのコーヒーと見せかけて、中身は「来運の水」。この写真も何気に好きだったりします。
しかし、M氏の手は肉厚だなと写真を見て改めて思いました・・・。そんな所も含め尊い。尊い。
大事なことなので2回言いました。

 

 

 

番外編・美味しいラーメンを食べました

 

帰りに立ち寄った、小清水町浜小清水にある「らーめん太郎山」さんで少し遅めのランチタイム。
ラーメン大好き、相方・M氏。2人で仲良く楽しくでぶ活。ふふふ。ダイエットは明日から。

 

 

人気の看板メニュー、「旨焦がしらーめん」を頂きました。味噌・塩・醤油・辛味噌の4種類から味を選ぶことができます。今回は2人とも辛味噌をチョイスしました。

 

 

真っ黒なビジュアルに一瞬怯みますが、焼き油の芳ばしい薫りが漂ってきます。ほぐしチャーシューと揚げたにんにくと玉ねぎ、もやし、メンマ、そしておろしにんにくがトッピングされていました。程よいピリ辛加減が食欲をそそります。麺は中太のちぢれ麺でスープにもよく合いとても美味でした。これはまた食べたくなるらーめんでした。ごちそうさまでした!

 

らーめんの他にも、サイドメニューやドリンク等もあり、夏季にはジェラードやソフトクリームの取り扱いもあります。こちらの牛乳ソフトが美味しいのでおすすめです。道の駅も隣接しているので、地元の名産品や北海道のお土産なんかも購入できます。そして!道民に愛し愛され止まない、北海道発のコンビニエンスストア「セイコーマート」もありますよ。略してセコマ。

 

 

おがわ
おがわ
メニューにあった、地獄の「2丁目」「3丁目」という激辛らーめんが密かに気になりました。なんかすごく辛そうだった・・・。

この記事を読んだあなたにも、素敵な幸運が訪れますように。

 

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

LINE@でブログの更新通知を受け取ることもできます。
友だち追加

 

9+

おがわ

写真・カメラ・音楽・ものづくりが好きです。 たまにWebライター的なお仕事もしています。 かなりのんびりマイペースで活動しています。 北海道の小さな町で田舎...

プロフィール

関連記事一覧

  • コメント ( 8 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 刹那

    「カムイト」たしか「カムイ」ってアイヌ語でしたね。確か神という意味だったはず。そう考えると、神の湖はまさに神の思いを感じる湖で綺麗です。30分は見ていれそうです。
    摩周湖は一度も行ったことがなく、学生の時には行ってみたい場所でした。

    昔、函館でメスのアイヌ犬?(実際は雑種でしょうね)のワンチャンがいて、付けた名前が「ピリカ」と呼びました。アイヌ語で「美しい」という意味です。アイヌ語って神秘的で良い響きです。

    1+
    • おがわ

      刹那 さん

      コメントありがとうございます!

      仰る通りでアイヌ語ですね。北海道は地名なんかもアイヌ語の名残がたくさん残っていますよね。ひっそりと森の中に佇むこの池はどこか幻想的で、神々しさも感じる美しさでした。ずっと眺めていられます。摩周湖、行ったことがないのですね。私は何度か行ったことがありますが、天気の良い時には美しい青い世界が広がっていますよ。その美しさは摩周ブルーとも言われています。機会があれば是非足を運んでみてくださいね。

      「ピリカ」と名付けられたワンちゃん、きっと可愛らしかったのでしょうね(*^-^*)
      アイヌ語も母語話者も少なくなってきていて消滅の危機にあると言われていますが、継承していこうと努力をされている方々も居ます。伝統的な文化が廃れることのないよう願うばかりです。

      0
  2. RYO

    神の子池の美しさに目を惹かれました。どこまでも透き通っていて、ただただ美しい。素敵な写真ありがとうございます!心から浄化されたような気分です(^^)

    来運神社!めちゃくちゃ縁起良さそうじゃないですか!行ってみたいなー!
    湧き水飲んだら運も取り込めそうですね。飲みたい(笑)

    心も身体も休養大事なんで、無理しすぎないように(^^)

    1+
    • おがわ

      RYO さん

      コメントありがとうございます!

      神の子池、とても綺麗でしたよ♪とにかく透明度の高さときたらもう・・・本当に素晴らしかったです。どことなく幻想的な雰囲気もあり、神々しさも感じるような気がしました。癒しのパワーをお裾分けです!

      「運がやって来る」ですよ。本当に素敵な幸運を運んできてくれそうですよね♪
      湧き水、今はもう私は生水が飲めないのですが、とても美味しいですし、身体の隅々まで染み渡るような不思議な感じがします。是非ご家族で北海道にいらっしゃってください!(笑)

      温かいお言葉を掛けて下さりありがとうございます。ゆるく生きているので大丈夫ですよ(*^^)v

      1+
  3. Nana

    こんにちは、Nanaです!ずっとコメントしようと思いつつ何気に初めてですね、、(><)
    ブルーが大好きなわたし、神の子池に魅了されてしまいました(*^^*)是非肉眼で観てみたいものです。
    やはり自然に触れると心が落ち着きますよね☺️
    北海道には素敵なところがたくさんあって
    羨ましいです^^*

    1+
    • おがわ

      Nana さん

      コメントありがとうございます!

      ブルーが大好きなNanaさんはきっと神の子池気に入って下さるのではないかと思っていました♪写真で綺麗さがどのくらいお伝え出来たのかは分かりかねますが、実際に肉眼で見てほしいくらい、とにかく美しいコバルトブルーですよ。森林浴をしながら綺麗な風景を見て癒しとパワーをいただきました。もしこちらに旅行に来ることがあったらおすすめしたい秘境スポットです。

      自然に触れると心も身体も元気になりますね。北海道は自然がいっぱい、素敵な場所もたくさんあります!そんな魅力を少しづつでもお伝えできれば良いなと思っています(^O^)/

      0
  4. 神の子池の青が本当に美しくて感動しました(゚Д゚).。+☆
    すごく神秘的ですね。何というか忘れましたが、こんな手作りアクセサリーがありませんか?笑
    こういう青色は大好きです♡
    でも何で倒木は腐らないのでしょうか。。??そこも不思議で神秘的だ!

    来運神社の鳥居は普通の木なんですね。
    朱赤の人工的な鳥居しか見ないので、ちょっと新鮮です^^
    森林浴で澄んだ空気を吸って、冷たい湧き水を飲んだらもう、かなりリフレッシュできそう(。v u v。)

    ラーメン美味しそう。。と思ったら、さすが!辛いヤツですね!!笑

    運と自然のおすそ分けありがとうございました^^
    素敵な時間を過ごされて、心身ともにリフレッシュできて良かったですね^^

    1+
    • おがわ

      楓 さん

      コメントありがとうございます!

      神の子池、私もあまりの美しさにとても感動しました(*^^)
      ひっそりと森の中に佇むところが、どこか神秘的にも感じられました。手作りのアクセサリー、私は色的に七宝焼きを連想しました。清涼感も感じられるような美しい青色は心も浄化されそうですよね。倒木が腐らないのは年間通して温度の変化があまりないことが関係しているのではないかと。

      木の鳥居、今だと珍しいかもしれませんね。詳細までは分かりかねますが、この来運神社のある地区は、古来から聖地として存在していたことを来運という地名が表しているそうです。明治時代に開拓された頃に造られたのかもしれないですね。
      何度か足を運んだことがあるのですが、空気もとても澄んでいて、湧き水もとても美味しいので心も身体もリフレッシュできます(*^-^*)

      ラーメンは辛いものがあったら挑戦してみたくなるのは・・・もはや病気ですね(笑)
      それほど辛くはなかったのでお腹のほうも大丈夫でした。何やらメニューにはもっと辛そうなものが載っていましたが・・・。

      少しでも幸せのお裾分けができたのなら嬉しい限りです(^_-)-☆

      1+

About – このブログについて –

カメラ関連のことや、暮らしのことなどが主体の雑記ブログです。日々撮りためた写真や想いを、言葉にのせて発信しています。更新頻度はのんびりマイペースです。

Recent Posts