nohana(ノハナ)でフォトブックを作ってみた話

 

こんばんは、おがわです。月日が経つのはあっという間ですね。7月になり、2020年の下半期が始まりました。今月も毎日を楽しく過ごしていきましょうね。

 

久しぶりのブログ更新、何を書こうかと考えていたのですが・・・本日は自身のこちらのツイートについて言及してみようと思います。最後までお付き合い下さると嬉しいです。

 

 

nohana(ノハナ)のフォトブックについて

 

最近、フォトブックをスマートフォンのアプリから作成してみました。今回はnohana(ノハナ)というアプリを利用しました。公式サイトはこちらです。

 

nohana(ノハナ)というアプリは、スマートフォンで簡単にフォトブックの作成ができるアプリです。(Android 、iPhone共に対応しています)

 

ノハナ フォトブック印刷・作成アプリ

ノハナ フォトブック印刷・作成アプリ

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

 

毎月1枚付与されるクーポンで、通常フォトブックの本体価格(¥550)が実質無料になります。

 

送料(¥275)は別途負担にはなりますが、それでも十分に安価なので手軽に作成できるのではないかと思います。

 

通常フォトブックの他に、印刷の品質にも拘ったハードカバー製本のプレミアムフォトブックの作成もできます。こちらの料金は別途有料となっています。

 

他に有料オプションなどもあります(高画質仕上げ、表紙デザイン etc.)のでお好みで仕上がり具合を選ぶことができます。

 

通常フォトブックプレミアムフォトブック
サイズ14cm × 14cm

( スクエアタイプ)

14.5cm × 14.5cm
18.5cm × 18.5cm(共にスクエアタイプ)
写真枚数21枚(表紙含む)21~67枚(表紙含む)
印刷インクジェット銀塩(写真品質)
製本ソフトカバーハードカバー
本体価格550円(税込)

送料:275円

14.5cmスクエア:3,300円(税込)
18.5cmスクエア:5,500円(税込)送料:610円

スマートフォンの端末内の写真、またはGoogleフォトの写真からアップロードができます。デジタルカメラで撮影した写真なら、Googleフォトと連携をさせてそちらから写真を取り込んだほうが楽かも。

 

アプリの操作もシンプルでとても分かりやすいので、作成までの工程がとてもスムーズだと感じました。アプリで注文してから8日ほどで手元に届きました。

 

フォトブックの完成品、テーマは【桜】

 

完成して手元に届いたフォトブックはこちらです。大好きな桜の写真を集めて作ってみました。表紙の写真は正直迷ったのですが、お気に入りの写真にしました。

 

通常フォトブックタイプのもので、大きさは14cmのスクエアサイズです。CDのケースくらいの大きさを想像してもらえるとサイズ感は伝わるかな。紙質は思っていたものよりも割としっかりとした感じ。

 

画質の粗さは正直あったりはしますが、それもまた味があって良いかなと私は感じています。中身をほんの少しだけチラ見せしておきます。

写真は表紙を含めて合計21枚の写真を載せることができます。写真は1ページに1枚、32文字以内のコメントや日付も入れることもできます。

 

 

プリントの色乗り具合なども275円という価格を考えると、個人的には十分に満足できる仕上がりでした。毎月継続して作っていこうかなと考えています。

 

フォトブックだけではなくて、イラスト集を作られている方もお見受けしました。そのような利用の仕方も楽しいかもしれないですね。

 

興味を持たれた方は是非一度お試ししてみてくださいね。

 

nohana(ノハナ)をこれから始められる方へ

 

nohana(ノハナ)さんから付与して頂いたコードがありますので貼っておきます。

 

新規登録の際に下記のコードを入力すると、表紙デザイン(有料オプション)の無料クーポンが付与されるそうです。宜しければご自由にお使いください。

 

nohana(ノハナ)表紙デザイン無料クーポン
紹介コード:ew0Sw6

 

お得なクーポン、利用できるものはありがたく利用してフォトブック作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

*   *   *

 

 

自分の写真を紙媒体にすることは以前から考えていたことだったのですが、写真をプリントして紙で見る楽しさについて改めて感じるきっかけがあったので、少しだけ書かせていただきますね。

 

6月も終わりに近づいていたある日のことでした。一通の白い封筒が私の元へと幸せを運んできてくれたのです。とても素敵な写真入りのポストカードが封入されておりました。送って下さったのは、ワタナベ(@sutougen)さん。

 

某・コミュニティで書いていたブログがきっかけで交流させて頂くようになったのですが、フィルム写真の界隈ではとても名の知れたお方です。

 

noteで写真を楽しむ日々を発信されているのですが、日常の風景やご家族を被写体にした写真がどの写真も素敵なのです。Youtubeのラジオ配信やVlogは内容もさることながら、声がとても素敵で好きなんです。

 

ワタナベさんのnoteはこちらです。ポストカードのことも書かれております。

 

ポストカードを眺めているだけで、とても幸せな気持ちになります。また送って下さるとのお話だったので、次に届くのも楽しみでワクワクしてしまいます。

またひとつ、大切な宝物が増えました。ブログやSNSを通じてこうした交流ができることが何よりも嬉しいし、写真を通じて人の気持ちを温かくできる、そんなワタナベさんの取り組みはとても素晴らしいこと。

 

そして、写真はPCで見るデータの写真も良いけれど、やっぱりプリントした紙としての写真は格別だなと改めて感じさせてくれました。

 

久しぶりに良い影響と刺激を受けました。ワタナベさん、ありがとうございます。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。私もいつか恩返しがしたいです。

 

 

自分の撮った写真で、誰かの心を温かくできるといいなぁ・・・そんなこともしみじみと感じたできごとでした。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

 

おがわ
おがわ
自分の撮った写真を紙媒体で見るのはなんだか恥ずかしいというか、くすぐったい気持ちになる・・・。
9+

“nohana(ノハナ)でフォトブックを作ってみた話” への4件の返信

  1. こんばんわ(´∀`)
    桜のブックレット、イイですね〜(о´∀`о)
    ここ数年はスマホで撮るようになって、現像したのは数枚だったり…(>_<)
    電子データのままというのも寂しいので、ちょと試してみたいと思います!
    私も桜の写真か、紅葉か…はたまた彩華ラーメンか…笑

    1+
    1. ても さん

      こんにちは、お返事遅くなりましてごめんなさいm(__)m

      デジタルな世の中で、なかなか撮った写真を現像する機会も減りましたよね。

      デジタルのデータの写真も良いですが、紙として見る写真の良さを改めて気付かせていただきました。
      てもさんの素敵なお写真、是非フォトブックに残してください♡
      個人的にとても見てみたいです(*´ω`*)そして是非私のところにも・・・代金払います 笑

      桜も、紅葉も、彩華ラーメンもシリーズで3冊作りましょう♪月1冊は送料分で作れますので♡

      1+
  2. 本で残すの有りですよね! 写真ってもともとそうだったんだけど、そういう文化からずいぶん離れてしまって、今やるとすごく新鮮でなんか妙に嬉しいんですよ。
    僕はしまうまプリントを使ってましたけど、ノハナも使ってみます!

    1+
    1. ぺ さん

      コメントありがとうございます!

      本として撮った写真を形にして残すのはアリですね。

      昔はフィルムで撮って現像してプリントして・・・そんな在り方でしたよね。
      学生時代はフィルム代やら現像代のためにアルバイトに励んでいました。

      デジタルな文化にすっかり染まってしまって、最近は写真を紙媒体にして楽しむことは減っていたように思います。
      本に纏めるにあたって、どの写真にしようかな~、なんて選んでいる時間もとてもワクワクしました♪

      しまうまプリントも有名ですよね。nohanaさんのはCDのブックレットのような可愛いサイズのものですが、良かったら試してみてくださいね。

      1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください