【大人の科学マガジン】35mm二眼レフカメラを作ってみました

 

先日、「大人の科学マガジン BEST SELECTION 02」を書店で見つけたので
ついつい購入してしまいました。カメラ好きさんは購入されていらっしゃる方も多いと思います。

 

2009年に発行されていたものの復刻版とのことです。確かに当時見かけていて、気になって
手に取ったりもしたのですが、その時は悩んだ末に購入には至らなかったのです。

「なんか組み立てるのが難しそうだなぁ・・・」と、いうのが当時の率直な感想でした。

しかし、今回の復刻版は仕様が変更になったようで、内部のシャッター機構が組み立て済みの
ものになっていたので、私でも組み立てることが出来るかな・・・と淡い期待を抱きました。

 

果たして無事に完成させることは出来るのか?一抹の不安を抱えつつ、組み立ててみました。

「大人の科学マガジン BEST SELECTION 02」同梱品について





 

「組み立てキット」一式と「二眼レフはじめます!」という特製マニュアルが同梱されています。

マニュアルにはカメラの組み立て方法の他に、フォトギャラリーや二眼レフカメラの撮影のコツ等が記載されていました。そちらは後からゆっくり読むことにしましょう、楽しみです。

 

 

パーツが色々あるな・・・。大丈夫かな。ちょっと心配・・・ ←模型とか作るの苦手な人

 

35mm二眼レフカメラを組み立てていきましょう

 

このような組み立て方法の説明書きがありました。皆さんこういうのはそのまますぐ読みながら組み立てるものなのでしょうか?私はまず熟読をして流れを把握しておくタイプです。何なら2~3回は読むかも。多分そのまま組み立て始めると無駄に時間がかかるので事前学習です。

全体的な流れを頭に入れて、いざ組み立てるべし!折角作るなら丁寧に作りましょう、丁寧に。

 

 

三脚ネジ穴を取り付けたところ。最初の工程ですね。本体の側板(右)の組み立て段階です。
小さいネジがたくさんあります。ドライバーが付属しているので特に準備は必要ありません。

 

 

フィルムカウンターを取り付けたところ。本体の側板(左)の組み立て段階です。まだ序盤です。

 

 

本体の前板を組み立てていきました。暗箱を取り付け終えたところ。この後カメラのボディを組み立てていくのですが、作業に一生懸命だったのか、一番肝心な工程は写真を残してませんでした・・・(笑)写真を撮りながら組み立てるのが面倒くさくなったというオチですね、多分。

 

 

色々な工程をすっ飛ばして省略して、ファインダー部分を組み立てたところの写真です。

この後にファインダーフードを取り付けて、側板をネジで固定してカメラ本体はほぼ完成です。
そしてレンズを組み立てて取り付けるだけ。ゴールが見えてきて1人ニヤッとしました。

 

35mm二眼レフカメラ・Gakkenflexが完成しました

 

組み立て始めてから約1時間ほどで35mm二眼レフカメラが完成しました\(^o^)/

説明書きには所要時間約40分と記載がありましたが・・・のんびりと作業したので時間が結構かかってしまいました。こういうのが得意な方はパパッと作ってしまうのでしょうね。

 

 

ファインダーを覗いたところです。スクリーン板に映る像は想像よりも鮮明に見えて、ピントも合わせやすそうな感じがしました。自分で組み立てたものなので、像が見えた時の感動もひとしお。

使用フィルムの推奨はISO400フィルムとのことです。
FUJIの業務用100しか手元にないので、試し撮りはまた後日にしてみようと思います。
撮って撮れないことは無いでしょうが、失敗しても悩ましいので推奨の400で試したい・・・。

 

今回のまとめ・感想

 

成型済みのパーツを組み立てていくので、模型作りがあまり得意ではない私でもなんとか完成させることが出来ました。組み立て方法の説明書きはとても分かりやすい点はありがたかったです。

塗装などを施して、完全なる自分好みのオリジナル仕様にしても面白そうかなと思いました。

手軽にゆるく二眼レフカメラを試してみることができるのは良いと思うし、自分で組み立ててカメラを作るという楽しみもあるので、興味のある方には是非作ってみてほしいなと思いました。

税別2,980円という価格が、高いと感じるか安いと感じるかはあなた次第です。

 

おがわ
おがわ
なんだかんだ言いつつも、何かを作ることって楽しいんだよなぁ。

 


 

7+