好きなもの 暮らしの部屋 音楽の部屋

THE YELLOW MONKEY30周年記念のライブ・アルバム『Live Loud』

 

 

買わない理由がいくら探しても見つからなかった、THE YELLOW MONKEY30周年記念のライブ・アルバム『Live Loud』

 

FUJIFILM X30

 

今まで深く触れたことはなかったと思うのですが、THE YELLOW MONKEYが好きです。

とは言えでも、コアなファンではないので浅くしか語れませんが・・・。

 

20年ぶりのライブアルバムの発売ということで、ドーム・ツアーのライブ音源をとにかく聴きたかったのです。発売日が待ち遠しくて待ち遠しくて・・・手にした時はかなりテンションが上がりました。

メガジャケが欲しかったのでAmazonで購入しました。

 

紙ジャケットの感触は好きだけど、扱いには気を遣いますよね。不器用な私はディスクに傷を付けそうで怖い。

コロナ禍の前のドーム公演とコロナ禍の中で開催されたドーム公演の音源が入り混じっていて、それが全て繋がって作品となっていることが感慨深くもあり、ある意味貴重なアルバムになるのではないかと感じています。内容的にはとても聴きごたえのある構成。

普段はライブ盤のCDって買うことがあまりないのですが、THE YELLOW MONKEYは別格です。ライブが最高にカッコいいバンドだから。

 

FUJIFILM X30

 

初回盤(2CD)と通常盤(1CD)の発売形態です。購入するなら断然初回盤をお勧めいたします。お値段もほとんど変わらないので。

アルバムの収録曲はこちらです。

 

【Disc1】 初回盤・通常盤共通

  1. ALRIGHT -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  2. SPARK -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  3. 太陽が燃えている -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  4. 砂の塔 -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  5. 追憶のマーメイド -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  6. 楽園 -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  7. パール -Tokyo Dome, 2020.11.3-
  8. 天道虫 -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  9. BURN -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  10. LOVE LOVE SHOW -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  11. バラ色の日々 -Tokyo Dome, 2020.11.3-
  12. SUCK OF LIFE -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  13. JAM -Tokyo Dome, 2020.11.3-
  14. プライマル。-Tokyo Dome, 2020.11.3-
  15. 未来はみないで -Tokyo Dome, 2020.11.3-

 

【Disc2】※初回盤のみ

  1. 真珠色の革命時代〜Pearl Light Of Revolution〜 -Tokyo Dome, 2020.11.3-
  2. Romantist Taste -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  3. Balloon Balloon -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  4. MOONLIGHT DRIVE -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  5. LOVERS ON BACKSTREET -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  6. SLEEPLESS IMAGINATION -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  7. Four Seasons -Kyocera Dome Osaka, 2020.2.11-
  8. 熱帯夜 -Tokyo Dome, 2020.11.3-
  9. “I” -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  10. Horizon -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  11. Father -Nagoya Dome, 2019.12.28-
  12. 悲しきASIAN BOY -Nagoya Dome, 2019.12.28-

Bonus Track. Wedding Dress〜マリーにくちづけ -Fukuoka Yafuoku! Dome, 2017.12.28-

 

 

Disk1の最初『ALRIGHT』から始まり、Disk2の最後『マリーにくちづけ』の歌詞 ” All right! ” で締めくくられているところが素敵。

Disk1は王道の曲というか聴き馴染みのあるメジャーな曲が詰まっているなと感じます。いちばん大好きな曲も収録されていて嬉しい。

個人的にはDisk2が珠玉です。『熱帯夜』~『”I”』の流れが個人的には特にテンションが上がります。『Horizon』~『Father』でしっとり聴き入ってしまいます。ボーナストラックもファンには堪らない選曲でしょう。もちろんDisk1も控えめに言って最高です。

来月にはライブ映像作品も発売になるんですよね。DVDか、Blu-rayか・・・とても悩ましいです。

 

 

 

以下、『Live Loud』収録曲の中で、個人的にテンションの上がる楽曲のYoutube動画を添えておきます。

あくまでも個人的主観でピックアップしていますのであしからず。

 

『ALRIGHT』

THE YELLOW MONKEY再結集後、初の新曲でした。曲のテーマは「再生」でしょうか。

大人になった「THE YELLOW MONKEY」の大人なサウンドが光るロックナンバーです。

 

 

『SPARK』

個人的に、この楽曲のPVがものすごく印象強いのです。

アップテンポのキャッチ―なサウンドも世界観も、全てがカッコいい。

 

 

『追憶のマーメイド』

アルバイトをしていた頃のことを思い出す、割と思い入れのある曲。

当時有線でよく流れていて、楽しかった頃の想い出が頭をよぎります。

聴くとテンションが上がる曲です。

 

 

『天道虫』

こちらの楽曲は「サッポロ 本格辛口」のCMソングとして起用されていました。

街頭のポスターもめちゃめちゃカッコ良かったなぁ。ギラギラしたサウンドが良い。

 

 

『楽園』

THE YELLOW MONKEYの良さが詰まっている曲だと個人的には思っています。

PVでは吉井さんの色気が溢れまくっています。この曲の歌詞もメロディーラインも大好き。

聴いていてとても心が弾む曲です。

 

 

『Romantist Taste』

「君と僕は過去と未来よりも強く強く結ばれて 未来永劫に出会い続ける」

この一言に尽きます。

THE YELLOW MONKEYの記念すべき1stシングル曲です。しみじみ良さを感じる曲です。

 

 

『MOONLIGHT DRIVE』

『SPARK』のシングルCDに収録されていた曲です。このジャケ写は素敵です。

心地よい疾走感があって結構好きなんですけど、もっと多くの人達に聴いてほしいなと思う曲です。

 

 

 

『熱帯夜』

THE YELLOW MONKEYを知るきっかけになった曲です。

初めて耳にした瞬間イントロから「うわぁ、すごく好きだ!」と衝撃を受けて、8cmCDを買いに走ったのです。今でも大好き。

 

 

『Horizon』

EMMA(菊地英昭)さん作詞・作曲のバラード。「優しさ」と「愛」が詰まっています。

アルバム『9999』に収録されているのだけど、その中でもこの曲を聴くといろんな感情が揺さぶられてしまいます。

 

 

『悲しきASIAN BOY』

短髪の吉井さんも素敵です。コンセプトアルバムの主人公になりきって短髪にしたとか。

テンションが上がる、ライブの定番曲ですよね。

明るいメロディーラインにのせられて歌われている歌詞は、どこかもどかしさを感じるというか切なさを感じるというか。

 

 

彼らの魅力は語りつくせないくらい沢山あるし、実は大好きな曲にはこちらのアルバムに収録されていない曲もあるのです。またいつか機会があればこの場所で書き綴りたいものです。

 

 

 

 

あなたは、どの曲が好きですか?

 

この記事をシェアする

おがわ

写真・カメラ・音楽・ものづくりなどが好きです。ブログもSNSもマイペースに活動しています。

こちらの記事もいかがですか?

Follow Me!
error: Content is protected !!